スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NFB-8総評

NFB-8の改造も終わりエージングも進んできたので、私なりの総評をしてみます。
まず問題点
1.安全回路が入っていないので、危険な時が有る。
2.ケースを留めてあるネジがすぐに駄目になってしまったり、傷が付いていたり、合わせ目がずれていたりと工作精度が低過ぎる。
3.個体による差が有りそう。
4.各部品のハンダ付けの完成度が低い。
5.デジタル入力の安定性が低い。
6.レンジが狭く、特に高域のロールオフが激しい。
7.音にスピード感が無く、有る意味アナログ的な音がする。
8.大き過ぎ。特に前後が大きく、通常のラックの中段に入れるのは難しい。

これはと思う点
1.圧倒的な物量投入型で、その割には価格が安い。
2.電源回路が充実しており、潜在能力の高さを感じる。
3.ケースにゆとりが有るため、分解・組み立てがし易い。
4.表面実装部品が無く、部品の交換が容易に行える。
5.改造次第では相当レベルの高い機械に生まれ変わる。

以上個人的な判断ですが、購入を考えらている方の参考になればと思います。
最初から自作するのは大変ですが、部品交換でこの音が出るなら有る意味簡単だと思います。
オリジナルの状態で、有る程度のレベルまで達している方を満足させる事は、まず無理だと思います。
したがいまして私の判断は前回記載した通り、未完の大器とさせていただきます。

実は本体と一緒にディスクリートオペアンプや電源基板なども購入してみたのですが、これらもオリジナルのままで使用するには完成度が低過ぎると思います。
しかし価格はびっくりするほど安く、自作用の部品の一環と考えれば満足するのではないでしょうか。
そして現在上記部品を使用し、PCM1704Kを8個使用したDACを自作しています。
当初電源まわりは3端子で済まそうと思っていたのですが、ディスクリート電源基板を使用し作る事にしました。
だって安いんだもん
借り組みの状態では192まで問題無く動作しています。
完成したのちにNFB-8改との音比べが楽しみです。

NFB-8改の音が聴きたい方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社に遊びに来て下さい。

スポンサーサイト
プロフィール

AugLine


Author:AugLine
今のオーディオの音に満足していますか??

オーグライン製品は「金」「銀」や「プラチナ」を最適のバランスで配合した合金(オーグ)を使用した最高級のオーディオ専用ケーブルです。

オーグラインケーブルで 素晴らしい音の世界へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。