スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Horusジョイントケーブルモニター募集中

ご好評をいただいているHorus ジョイントケーブルのモニター販売を引き続き募集しております。
今まではバランスケーブルのみだったのですが、RCAケーブルもございます。
試聴をし、ご購入希望の方にはインプレなどを当社のHPに掲載させていただく事を条件に、モニター特別価格で商品を提供させていただきます。
0041-s.jpg
スポンサーサイト

Horusジョイントケーブル試聴記No.3

ジョイントケーブルを試聴なさっていたお客様から報告が届いたのですが、HPをお持ちでブログに記事が書かれてあるとの事ですので、許可をいただきアドレスを下記に記載致します。

http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-category-3.html

しっかりした基準を持ちながらも当社の製品をご購入いただきありがとうございました。
エージングが進めばもう少し良くなると思います。

Horusジョイントケーブル試聴記No.2

Horusジョイントケーブルを試聴なされていた新しいお客様からご報告がありましたので、掲載させて頂きます。

Bravo! Horusジョイントケーブル

早々に送って頂いたケーブルは、
丁重に梱包されケースに入っていました。
開けてみると、あれ?どこに。
長さは承知していたものの本当に短い!というのが最初の印象です。
箱の中にストレートに収まっています。
過度の期待がないよう冷静な自分で試聴に入ります。
音が出た瞬間から、え!
一聴してS/Nがあがり、高解像に驚かされます。
レンジも一回り拡大したかのようです。
しかも、これだけの空間情報を伝えながら
上も下も細くなるどころかしっかりとした骨格で表現します。
シンバルがビシバシ飛び交い、ベースとバスドラが完全に分離し見通しがよく、
エフェクトがかかったギターが超リアル!
音質も柔らかいとか硬いとかの次元ではなくとても自然です。
まるで録音現場が目の前に現れたかの様です。

「これだよ~!」思わず心の中で叫びました。

現在のプリ付DACに変更してから、抜けが悪く乾いたつまらない音でしたが
Horusジョイントケーブルを末端にプラスしただけなのにこの表現力!
機器の性能が何倍にも跳ね上がったように感じます。
しかし、今までとシグナルは何も変わっていないのに、この可愛らしいケーブルだけなのに、

なぜ? なぜ? なぜ?
これは、小さなmonsterだ!

そうです。まさに超高級プリアンプを通したときの感触です。
試聴後、思わず同梱されていたカタログを最初から最後まで目を通す自分がいました。

まるでコマーシャルの様なコメントになりましたが、久々に心躍る製品に巡り会えました。
JBLサウンド復活。我が家では、手放せない一品になりそうです。

<使用機器>
CD プレーヤー:Esoteric UX-1 Limited
D/Aコンバーター&プリアンプ:EMM Labs DCC2
パワーアンプ:mark Levinson No.332L
スピーカー: JBL K2 S5800

プリ→パワー :TUNAMI TERZO XX 5mのパワー側に使用。

追伸
シグナル前端にも最後に使用しましたが、高域側に振れバラバラになりました。
“新品ですので、ゆっくりエージングして下さい。”とのアドバイスを頂いており、
まだまだエージング不足のせいかも知れません。

Horusジョイントケーブルは購入をさせて頂きます。
よろしくお願いいたします。


東京都のY様、高評価ありがとうございます。
またそのままお買い上げという事、重ね重ねありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

Horusジョイントケーブル試聴記

Horusジョイントケーブルを試聴なされていたお客様からご報告がありましたので、掲載させて頂きます。

Horusジョイントケーブルの試聴ありがとうございました。
とてもすばらしい音質で大変気に入りました。

インプレッションを書かせていただきます。

試聴システムは、
player: AKURATE DS
amp: McIntosh C2300, MC501 x2
speaker: B&W 802D
DSとC2300間を接続しているAcrolink 7N-D5000 XLRにHorusジョイントケーブルを繋ぎました。
プリアンプ側に使用しました。

Horusジョイントケーブルを初めて手にとってみたところ、思ったより短いなあと感じました。
これで音が大きく変わるのかなあと思いながら音を出しますと、その心配は数秒で消えました。
高音が透明でかつすごく伸びます。女性ボーカルやアコースチックギターで顕著でした。
中低音域では、一つ一つの音が太くなり、音量・音圧が上がったように聞こえます。
音はとても明瞭ですが、エッジはゴツゴツしていません。
音場の変化も顕著で、とても立体的に拡がり、心地良いですね。
ジョイントケーブルなしの状態にはとても戻れないと思いました。


奈良のS様、高評価ありがとうございます。
またそのままお買い上げという事、重ね重ねありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

予約はお早めに

005-s.jpg
評論家の田中伊佐資さんが、月刊ステレオ誌に連載されていた「ぼくのオーディオ ジコマン 開陳」が1冊の本になり、出版されます。
田中さんは自分の求める音を突き詰めるために、名うての人々に会いながらついに超弩級エンクロージャーを作ってしまった強者です。
雑誌の中でのオーディオ機器の評価などでも、回路がどうのこうのというより実際に出ている音を基準に評価される数少ない方だと思います。
元々音楽評論家的なスタンスが強く、自分が求める音に対してフィルターが無く、記事内容もドカン!とかズバン!とか自分の感じたままを文章にするセンスを持ち合わせ、本人にお会いすると意外とシャイな方で驚きました。
とにかく記事内容も充実しており、手元に1冊置いておくと何かと役に立つ本だと思います。
少しですが私も出ていますので、是非お読みいただければと思います。
プロフィール

AugLine


Author:AugLine
今のオーディオの音に満足していますか??

オーグライン製品は「金」「銀」や「プラチナ」を最適のバランスで配合した合金(オーグ)を使用した最高級のオーディオ専用ケーブルです。

オーグラインケーブルで 素晴らしい音の世界へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。