スーパーツィーターと設置方法

006-s.jpg
スーパーツィーターーs
現在会社の試聴室は、JBLの38cm・25cm・1インチコンプレッションドライバーにウッドホーンの構成を3Wayマルチで鳴らしています。
ツィーターに使用しているJBLの2426が7Kくらいだら下がりで、聴感上も高域に物足りなさを感じています。
いろいろなスーパーツィーターを検討したのですが、2426の能率が111㏈と高く、最終的に選んだのがFOSTEXT500AMkⅡになりました。
能率も110㏈有り、マグネシウム振動板に興味もあり、早速購入し鳴らし始めました。
素晴らしい音で驚いていたのですが、いまいち繊細さや高域の抜けが悪くこんな物かと思い始めた時に、附属の台がいまいちのような気がしたのでオーグ合金で吹き玉を作り、それを台の4点に貼り付けポイントで本体を支えるようにしてみました。
上記の写真がセッティング状態と台単体の写真です。
早速音出しをしたところ、いやはや驚き!!空いた口が塞がりません。
置き方でこんなに音が変わってしまうのですね。
元々銀素材はバイオリンの弓の部品やチェロやコントラバスの金具にも使用されていますので、音質的にも良いのかもしれませんね。
上の行に「吹き玉」という書き方をしましたが、「吹き玉」とは耐火材の上に少量の金属を乗せ、バーナーなどで熱し金属が溶けて液体になった時表面張力により丸い球になりますが、地上では重力が働きその分上下につぶれ、ちょうど半球状になる現象の事です。
液化している金属を高い所から空中にばらまくと重力から解放されより丸い球になり、昔は散弾銃の弾などはそうして作っていたそうです。
FOSTEXT500AMkⅡをお使いの方はセッティングでかなり音が変わりますのでご注意して下さい。
スポンサーサイト
プロフィール

AugLine


Author:AugLine
今のオーディオの音に満足していますか??

オーグライン製品は「金」「銀」や「プラチナ」を最適のバランスで配合した合金(オーグ)を使用した最高級のオーディオ専用ケーブルです。

オーグラインケーブルで 素晴らしい音の世界へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク