オーグライン錦糸線


オーグライン錦糸線(スピーカーリード線)

錦糸線 004-s
錦糸線 001-s


写真に写っているのがJBLの38cmウーハー2226Hです。
2枚目に写っている部分が、ボイスコイルからスピーカーターミナルまでの俗に言われる錦糸線部分です。
今回は錦糸線の部分を純正品からオーグラインの0.2mmΦのワイヤー編みで作った物と交換してみました。
以前壊してしまっても良いようなユニットで実験してみたところ、冗談かと思えるくらい音質に変化が有ったのですが、場所が場所だけに高級品やお客様からお預かりした大切なユニットを壊してしまう可能性があるためごく一部の友人のみ挑戦していたのですが、今回スピーカーユニットの修理専門会社にて錦糸線の交換が出来る事が確認できたため記事として掲載致します。
手順としてはオリジナルの錦糸線の直径(太さ)をノギスなどで量り、同じ太さのオーグラインワイヤー線を作り、ユニットと一緒にスピーカーユニット修理専門会社に送ります。
一週間ほどで錦糸線の交換が終了し、帰ってきます。
また、お客様が直接錦糸線とユニットを送れば、当社を通さずに交換することも可能です。
錦糸線の交換を引き受けてくれた会社は埼玉音研様で、HPもございます。
交換料金は、JBLのようにセンターキャップの表に接続部位が出ている物は1台5,000円くらい、センターキャップの中に接続部位が隠れている物はセンターキャップを交換しなくてはならないので1台10,000円くらいで出来るそうです。
写真に写っているスピーカーは、現在とても良い音で鳴っています。
一口で言うと、JBLの問題点は消え良いところのみ残っているような音に聴こえます。
ご興味の有る方は、是非挑戦してみて下さい。




スポンサーサイト
プロフィール

AugLine


Author:AugLine
今のオーディオの音に満足していますか??

オーグライン製品は「金」「銀」や「プラチナ」を最適のバランスで配合した合金(オーグ)を使用した最高級のオーディオ専用ケーブルです。

オーグラインケーブルで 素晴らしい音の世界へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク