オーグラインシェルリード線

6月に発売いたしましたシェルリード線も好調な販売を維持し、アナログ人口の意外な大きさに驚いています。
使用された方の多くの方々から、変化の大きさに驚かれると共に素材の重要性に気が付きました等たくさんの報告を頂きまして、この場をお借りしてお礼を申し上げます。
また今月発売の季刊・アナログ誌p.211の掘り出し物市コーナーにも的確な評価が掲載されていますのでお読みいただければと思います。
すでに御購入された方やこれから御購入を考えておられる方、裏技をお教えいたします。
シェルリード線のホット2本をボーカル(オーグライン+Pt)に接続し、コールドをクラシック(オーグライン)に接続し聴いてみていただけませんでしょうか。
多くのお客様に試していただいたところ、かなり好評価を得ています。
ホットがオーグライン+Ptでコールドがオーグラインという組み合わせは、電源系、信号系、すべての使用部分において好評価を得ていますので、いろいろな機器の内部配線用や自作ケーブル等にも試してみてはいかがでしょうか。
当社のインターコネクトケーブルのトップモデル、パイプシールドRCA、XLRもこの組み合わせで製造されています。
近々通常シールドによるホット+Pt、コールドオーグラインのインターコネクトケーブルをパイプシールドRCAよりもお求め安い価格で発売する予定でございますので、ご期待下さい。

スポンサーサイト

雨の日・・・・

今日の関東地方は久しぶりの本格的な雨です。
雨とオーディオ、一見何の関係も無いようですが、実は大有り!!
皆さんの中にも雨の日は音が良くなったり悪くなったりの経験がある方が多数いらっしゃるかと思います。
ちなみに当社の環境では雨の日は、音が良くなります。
秋葉原の販売店さんの多くは、音が悪くなるそうです。
何故でしょう?
いろいろな原因が有ると思うのですが、大きな要因のひとつにアースが考えられます。
通常オーディオ機器は100vの2極電源を使用しますが、日本の電源は片極にアースを接続してあります。電信柱のトランスで100vに落とし、その時点で電柱アースを片極に接続してあるのです。
通常雨の日は地中の抵抗が減りアースが流れやすくなり、他の機器の発生するノイズがきれいに流れやすくなり音が良くなると考えられます。
では何故秋葉原などの販売店は音が悪くなるのでしょうか?
秋葉原などには通常考えられないほど多数のデジタル機器が発生するノイズが、アースを通じて進入してくると考えられます。
現在では一般家庭にも分電盤までは200vで配線し、中心線をまたげば200v、中心線と両極のどちらかを接続すれば100vとなっている場合が多いですが、中心線のアースは引き込んでいる電柱のアースと接続されているはずです。同じ電柱トランスから分岐している先にデジタル機器などが多数繋いであると当然ノイズを受けやすくなります。
理想的には専用アースを設置し使用すれば良いのですが、ビルやマンションではそうもいかず、対策に苦慮しているようです。
エレベーターのあるビルでは、エレベーターのモーターは動力ですので明確なアースが分電盤にありますから、使用すると改善されると思います。また給水用のポンプ室にも明確なアース端子がありますのでそちらを使うのも良いと思います。
いづれにしても専門家に相談し、配線しなくてはならないのですが、音質改善効果はかなり有ると思います。
そこまで出来ないという方には、冷蔵庫用のコンセントや洗濯機用のコンセントにはアース接続用端子が付いているはずなので、こちらを利用すると改善されるケースも多いようです。
皆さんはアース対策どのようになさっていますか?

プロフィール

AugLine


Author:AugLine
今のオーディオの音に満足していますか??

オーグライン製品は「金」「銀」や「プラチナ」を最適のバランスで配合した合金(オーグ)を使用した最高級のオーディオ専用ケーブルです。

オーグラインケーブルで 素晴らしい音の世界へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク